光触媒チタンテックスとは

光触媒チタンテックスとは

室内環境浄化の決定版!
複合型光触媒チタンテックス

ナノテクノロジーから生れた光触媒

光触媒は、1967 年に日本の科学者藤嶋博士が発明したもので、今この時間も多くの研究機関が、より高性能な光触媒を生み出す研究を行なっております。
光触媒技術は、日本の国産技術として海外からも注目されていることから、国家プロジェクトに指定されております。

オゾンを超える分解力!

光触媒は、特定の鉱物に光のエネルギーを与えると鉱物に非常に強い酸化分解力が発生する現象を応用した環境浄化技術です。
光触媒の酸化分解力は、最大でオゾンを超えることが知られており、医療施設や国際空港ビルディングのウイルス感染対策としても利用されております。
下表は、酸化分解力の強さを示した表です。数値が高くなる程、分解力が強くなります。

参考)物質の酸化電位量

物質名 塩素 オゾン 光触媒
酸化電位 +1.23V +1.36V +2.07V +3.00V

ウイルス、病原菌、カビ、花粉、悪臭の原因物質を半永久的に分解

光触媒は、人に有害な有機物を分解します。 例えば、ウイルス、病原菌、カビ、花粉、悪臭の原因物質、シックハウス症候群を引き起こすホルムアルデヒド、PM2.5 に含まれる窒素酸化物などの有機物を分解します。

光触媒導入のメリット

用途表

用途
医療施設の院内感染対策 介護施設・幼児施設の環境浄化
食品製造工場の衛生対策 ホテル・住宅・オフィス・店舗の環境浄化
ウイルス感染対策(国際空港対策済) タクシー・ハイヤー・旅客バスの消臭対策
レンタカー・中古車・キャンピングカー、船舶の消臭対策 介護車両、救急車の衛生対策
衣類や繊維製品の消臭抗菌加工 絨毯・カーテン・エクステリアの消臭抗菌加工
癌治療の研究 (動物実験立証済み)

光触媒の弱点について

光触媒の弱点を克服する複合型光触媒

光触媒の強い酸化分解力!これを超える物質は地球上に存在しません。
それでは、光触媒の弱点を克服するには、どの様にしたら良いのでしょう・・・
この問題を解決する為、当社では長年の研究の末、「複合型光触媒チタンテックス」を完成させます。
光触媒を一つの浄化成分として考えて、無光触媒、白金、銀などのコロイド成分を複合し、光が無い環境でも実用的に利用できるようにしたのが、チタンテックスです。

複合型光触媒「チタンテックス」の構造図

チタンテックスでは、図のような原料を使用して製品が作られております。

複合型光触媒「チタンテックス」の構造図

第三者機関による性能試験

ガスの除去性能試験(アンモニアガス)

試験実施機関
一般財団法人カケンテストセンター
試験番号
No.OS-16-019134-3
試験実施日
平成28年7月1日
試験方法
5Lのガスバッグに提示試料を入れ、所定濃度に調整した測定対象ガスを3L注入し、蛍光灯500Lux下(微弱可視光線)で1時間、6時間静置後のガス濃度を検知管により測定するもの。
提示試料は、10㎝角の壁紙にチタンテックスを片面塗布したもの、塗布しないものを使用した。
試料 ガス濃度
初発濃度
(注入ガス濃度)
1時間後 6時間後
チタンテックス
未塗布片
100ppm 97.0ppm 94.0pmm
チタンテックス
塗布片
100ppm 9.0ppm(91%減少) 6.0pmm(94%減少)

ガスの除去性能試験(ホルムアルデヒドガス)

試験実施機関
一般財団法人カケンテストセンター
試験番号
No.OS-16-019134-1
試験実施日
平成28年7月1日
試験方法
5Lのガスバッグに提示試料を入れ、所定濃度に調整した測定対象ガスを3L注入し、蛍光灯500Lux下(微弱可視光線)で1時間、6時間静置後のガス濃度を検知管により測定するもの。
提示試料は、10㎝角の壁紙にチタンテックスを片面塗布したもの、塗布しないものを使用した。
試料 ガス濃度
初発濃度
(注入ガス濃度)
1時間後 6時間後
チタンテックス
未塗布片
40ppm 36.0ppm 34.0pmm
チタンテックス
塗布片
40ppm 4.3ppm(89.25%減少) 0.7pmm(98.25%減少)

参考)40ppm 濃度のホルムアルデヒドは、呼吸困難や肺腑種(はいふしゅ)に至る高濃度ガス量です。試験機関は限界値で試験を実施。

カビ抵抗性試験

試験実施機関
地方独立行政法人東京都産業技術センター
試験番号
第66号 2葉
試験実施日
平成23年7月12日
試験項目 JIS Z 2911:2010 カビ抵抗性試験
※無光条件
試験方法
  • 5 種類のカビ胞子を使用したカビ抵抗試験。
  • 室温25~28℃、湿度95%に管理した恒温室でカビを培養し生育を判断するもの。
総合評価 試料(試験片)に接種した部分にカビの発育が認められない。
※合格

抗菌性試験(黄色ブドウ球菌)

試験実施機関
一般財団法人カケンテストセンター
試験番号
MG-14-001966-1
試験実施日
平成26年5月12日
試験方法
JIS R 1702 フィルム密着法 / 0.1mW/ブラックライト
試料 生菌数(菌数) 抗菌活性値 ⊿R
接種直後 8時間
光照射条件
8時間
無光条件
チタンテックス
加工品
230,000 900(99.6%減少) 7600(96.7%減少) 2.0 0.7
チタンテックス
未加工品
230,000 110,000 110,000

抗菌性試験(大腸菌)

試験実施機関
一般財団法人カケンテストセンター
試験番号
MG-14-004389
試験実施日
平成26年6月6日
試験方法
JIS R 1702 フィルム密着法 / 0.1mW/ブラックライト
試料 生菌数(菌数) 抗菌活性値 ⊿R
接種直後 8時間
光照射条件
8時間
無光条件
チタンテックス
加工品
220,000 10未満(99.99%減少) 12,000(94.5%減少) 4.5 3.0
チタンテックス
未加工品
220,000 360,000(増殖) 360,000(増殖)

参考)日本工業規格の抗菌力評価は、抗菌活性値2.0 以上あるものを「抗菌加工」と表記できる。
JIS 2801:2010

窒素酸化物除去性能試験

試験実施機関
公益財団法人 神奈川県科学技術アカデミー
試験番号
KAST-25-178号
試験実施日
平成25年11月20日
試験条件
可視光線による光触媒性能評価
使用灯火
東芝FL10D昼光色室内蛍光灯使用
窒素酸化物(NOX 量)を24 時間以内に分解(浄化)するイメージ

抗ウイルス試験 (24 時間浄化評価)

試験実施機関
公益財団法人 神奈川県科学技術アカデミー
試験番号
KAST026-021
試験実施日
平成26年6月4日
試験条件
可視光線による光触媒性能評価
使用灯火
FL20S-W昼光色室内蛍光灯使用
試験内容
JIS R 1756:2013 n=1
試験評価
抗菌活性値3.86

バクテリオファージに対する結果

項目 ウイルス実数/個 試験結果対数値 抗ウイルス活性値
時間 0時間 24時間後 24時間後 0時間 24時間後 24時間後 0時間 24時間後 24時間後
光の有無
未加工片 830,000 800,000 180,000 5.92 5.90 5.25 0.00 0.00 0.00
加工片 830,000 400,000※1 25※2 5.60 1.39 0.30 3.86※3
  • 無光触媒効果で光が無くても50%減少
  • 99.99999・・・%減少
  • 強い抗ウイルス活性値。一般的な光触媒は2.0~2.3程度

安全性試験

急性経口毒性試験

試験結果
毒性無し
試験実施機関
一般財団法人 日本食品分析センター
試験番号
第15133220001-0101号
試験実施日
平成28年1月20日
試験表題
雄ラットを用いる急性経口毒性試験
試験方法及び評価
チタンテックスを検体として、雄ラットを用いる急性経口毒性試験(限度試験)を実施した。
2000mg/kgの用量の検体を雄ラットに単回経口投与し、14日間観察を行なった。
その結果、観察期間中に異常及び死亡例は認められなかった。以上のことより、ラットを用いた単回経口投与において、検体のLD値は雄では2000mg/kg を超えるため「毒性無し」範疇に入るものと評価する。

皮膚一次刺激性試験

試験結果
無刺激性
試験実施機関
一般財団法人 日本食品分析センター
試験番号
第16038206001-0101号
試験実施日
平成28年5月19日
試験表題
ウサギを用いる皮膚一次刺激性試験
試験方法及び評価
チタンテックスを検体として、OECD Guideline for Testing of Chemicals 404(2015)に準拠し、ウサギを用いる皮膚一次刺激性試験を実施する。
体をウサギ3匹の無傷及び有傷皮膚に4時間鎖適適応した。その結果、除去後1時間に全例で紅斑が見られたが、48時間までに消失した。ISO 10993-10 Biological evaluation of medical devices-part 10 (2010) に従って求めた一次刺激性インデックス(P・I・I)は0.2 となる。
以上のことより、ウサギを用いる皮膚一次刺激性試験において、検体は「無刺激性」範疇に入るものと評価する。
  • 上記2つの試験は、チタンテックス原液における安全性を評価するもの。施工完成部に人が触れても人体に影響は有りません。
  • 記載内容は、試験機関通達により報告書原本のコピー及び複製が禁止されている為、報告書記載内容を元に正確に作成したものです。